日曜日, 3月 16, 2008

記憶粘土

Taifrogです。


最近作ってたもの、題して「記憶粘土」ベータ版が出来ました。
形を複数記憶できる形状記憶合金のようなオブジェクト作成キットといったところでしょうか。

まだバグもあるので、しばらくバグつぶしやってます。
使い方とか記憶の仕方とか、説明文もこれから。 このあたりが一番難しそう。

前回のホロデッキ同様、使い方が色々ありそうなものになってます。


スクリプトを組み込んだプリムを複数リンクさせて、形を作ります。
そこで、メニューから1番の記憶としてセーブを選びます。
また別の形を作って、2番目の記憶としてセーブ。
続けて、3番目、4番目、、、、 最大10番目まで記憶可能です(スクリプト追加でメモリを拡張可能、ただやりすぎは重くなるかも。。)。

ルートプリムに専用のメニュースクリプトを入れるか、リモートでSayして操作するスクリプトを使うか選べます。 そのメニューから番号を選ぶと、セーブした形を復元します。

セーブ出来るのは、位置、角度(いづれも子プリムのローカル、親プリムは動きません)、色、サイズ、フルブライト、ファントム、物理、プリム形状。
スカルプも一応出来ます。

ライト関連と、テクスチャについてはまだ手を出してません(というか、手を出したらメモリ不足地獄に陥ったので、、、、そのうち再チャレンジしようかな・・・)。

一言でいうと、スクリプトが分からない人でも、変形するオブジェクト(ドアが開くとか、ライト付くとかだけでも可能だし、色変更機能にもなるし、変形ロボット作ってもいいし)が作れるというものになりました。


スクリプトの話をすると、当たり前のようにllSetPrimitiveParams/llGetPrimitiveParamsがメインです。 今後追加されるGlowも追加しようと思います。
が、llGetParm..で取得出来るもの全て取ろうとしたら、先に書いたようにメモリ不足地獄に。。。
ブードゥーマジックを使って書いたら効果はあったけど、正直なにがなんだか分からないスクリプトになるし、難しいところです。 

早くメモリを気にせずに組みたい。。。

5 件のコメント:

Hidenori Watanave さんのコメント...

これいいですね!面白いです。学生にワークショップとかやらせてみたい。

Caolila さんのコメント...

うわ!すごいですね!
それめっちゃ興味有ります!
(もちろんネタ系ですけど)
楽しみにしてます!

Taifrog Moriarty さんのコメント...

hidenoriさん、コメントありがとうございます。
Second Lifeならではの発想が出てくると面白いですね。

caolilaさん、ひさしぶりー。
やっぱりネタ系なのねw
バグがある程度つぶれたら、サンプルを配布するから遊んでみてね。

Jaken Jarvis さんのコメント...

Taifrogさんのバグを、この目で見ちゃったJakenです(笑)
しかし、Taifrogさん、益々複雑なものに・・・
この次は・・・登録したパターンを連続再生できるようになって、そこから差分再生と最適化、そしてスムーズなアニメーションにまで発展すると(w

ちょー期待(ww

Taifrog Moriarty さんのコメント...

jakenさん、先日のバグは一応は直りました。 llSetparmのパラメータには問題ないのに、色とフルブライトが反映しないという事象です。
ちなみに、llSetparmを二回(同じパラメータで)使うと、ちゃんと反映されました。

単純に連続再生なら今でも出来ますよ。
ただ、完全に変形ロボ的な動きしてるから、アニメではないですね。
差分更新、、、、、 それは実はちょっと考えてはいましたが、複雑になる=メモリの問題が・・・。