木曜日, 12月 06, 2007

Sculpty Earth

今日電車の中で目の前に ぬらりひょんに似たおっさん、
いや、あれはおっさんに似たぬらりひょんが座ってました、 Tai子です。


SLGuideに気になる場所が載っていたので、行って来ました。

Zee and Zora's Little slice
http://slurl.com/secondlife/Areumdeuli/100/140/110/





上を見ろという看板、その通りに見上げてみると、地球が!
結構でかい。 ここの土地、他には何も置かれていないようなので、ほぼ地球専用。



ちょっと地球の周りをぐるぐる飛び回ってみました。 これは南米ですね。

説明によると、ムービーを再生するとリアル雲データを地球表面に映すことが出来ます。

かなり重いのと、ムービーは今は問題ありなので、ちょびっとだけ見てやめました。



一応、日本を発見。 日本だけでもアバターと同じぐらいのサイズありますね。


単に地球のテクスを貼り付けただけの球体ではありませんでした。

実際の地表データを元にスカルプ化されてます。 芸が細かい、というか本気作りですな。



将来の夢は地球征服です! とは思ったことはないですが、とりあえずてっぺんに座ってみるw


これらの地表データは、AC3Dというツールで作られているみたいです。

もう眠いので、今度触ってみよう。

2 件のコメント:

hidenori さんのコメント...

これは凄いですね。地形まで反映されているとは。気づくか気づかないか、こういう肌理の細かい仕事は参考になります。

Taifrog Moriarty さんのコメント...

重いけど、すごい仕事してます。
地球のてっぺんに(私が座ってるところw)、notecardがあってちゃんと色々説明されてました。
C++でうんたらかんたら開発して、反映してますわーって感じで(かなり適当ですが・・・)。